鷹美術アトリエを懐かしむページ・・・※2005.08 移転しました。 →http://art-b.net/Taka-B/
鷹美術アトリエ、またはNPO美術家の家を懐かしむホームページ
当時のアトリエ紹介 最近の会員活動記録とリンク集 コメント募集!掲示板 Home
【アトリエ紹介】
【会員システム(当時)】
【沿革と基本理念】

旧鷹美術沿革

NPO美術家の家


 [旧鷹美術沿革 ]
1965年 4月

洋画家山口鷹のアトリエである、東京都品川区小山台に油絵、デッサン教室「山口絵画研究所」を開設。

1965年 4月

洋画家山口鷹のアトリエである、東京都品川区小山台に油絵、デッサン教室「山口絵画研究所」を開設。

1966年10月 東京都渋谷区桜が丘5番地に移転、名称を「鷹美術研究所」と改め、本格的美術研究所として歩み始める。11月第一回鷹美祭を開く。
1968年 3月 東京都品川区上大崎の現在地に山口鷹設計による3階建アトリエを新築。本格的洋画、彫塑の諸設備をととのえ、購買部を設ける。新築落成及びアトリエ開きを記念し、多数の美術関係者祝福のもとに、鷹美術オープニングパーティを開く。4月東京本校にともない、同年12月まで渋谷教室を月謝無料の石膏デッサン教室として開放する。6月第一回鷹美展を銀座画廊で開催。
1969年 4月 油絵科、彫刻科の他に新たに日本画科、デザイン科、版画科、金属工芸科、陶芸科をもうけ、寮を新設。(現在は閉鎖)
1970年 1月 現在地の地続きに2階建のアトリエを新築。各科個別のアトリエが完成する。
1971年11月 研究所の一部であった山口鷹のアトリエを開放し、より一層、設備拡充と充実したアトリエとなる。
1980年 9月 現在地の研究所地続きに4階建のアトリエを新築落成する。1階には学生相互の親睦と休憩室、及び作品展示の場を兼ねた鷹美サロンを設ける。
1983年 4月 鷹美創立以来多数の芸大、美大への合格者を出してきた実績のもとに、芸大、美大受験科を設ける。(現在は閉鎖。教室は第二自由制作室として開放)
1984年 4月 自由なモチーフで作品制作を希望する学生、展覧会出品作品の大作を制作する学生のために、自由制作室を設ける。
2000年 1月 鷹美術研究所から「NPO非営利組織 美術家の家」として生まれ変わる。
2000年 12月 経済上の理由により閉鎖。

[当時を振り返って・・・元会員の声(^_^)]
コメント募集掲示板!元会員の方、初めてタカビを知る方、どうぞ書き込んで下さい。


---鷹美術アトリエを懐かしむホームページ---
このHPは、当時のパンフレットを元に作成していた美術家の家ホームページを引き継ぎ、
有志としてHPYこと西川ケイコが制作しております。直接鷹美の経営とは関係ありませんのでご了承下さい。
このHPに対するご意見・ご感想等は、掲示板あるいは送信フォーム送信フォームででお願いします。